Blog

「能学」とは ―能と狂言の違い―

「能学」。

聞いた事はあるけど、そもそもどんなものなのでしょうか?

日本の伝統芸能として知られる「能」や「狂言」は、14世紀・室町時代初期に成立したもので、両者を合せて「能楽」(のうがく)と呼ばれています。

 

能は、歴史や古典文学を題材として、歌(うた)や舞(まい)を中心に構成され、人間の運命を描くことを主題として表現されるものです。

一方、狂言は「笑い」を基調とした対話劇で、庶民の日常や民間説話を素材として、普遍的な人間像をユーモアを交えて表現されます。

 

モテナス日本では、プレミアムプランとして、「能」をご覧頂けるプランをご用意しております。

この機会に、ぜひ一度「能」をお楽しみください。