【団体観光客け体験】 相撲で外国人をおもてなし接待!

モテナス代表
モテナス代表

日本の国技である相撲。

厳粛な国技館での相撲観戦は手に汗握りますよね。

しかし、間近でみるには椅子ではない、畳に座布団のます席での観覧となるので、小さなお子様や外国人の方には少々難しくなるかもしれません。

でも折角日本に来たのだから、実際に相撲をみてみたい! という方もいらっしゃいますよね。

そこで、神聖な土俵に上がるために日々鍛錬をしてきた本物の力士達と、楽しい時間を過ごせる“相撲体験”があります。

海外からのお客様に向けておもてなしにそんなアイデアはいかがでしょう?

とてもめずらしくてなかなか素敵な時間をご用意できること間違いなしです。

でも実際のところ、

相撲についての基礎知識がよくわからない。

相撲体験ってどんなことをやるの?

相撲でおもてなしってどうやればいいんだろう?

など、

よくわからない事も多いのではないでしょうか。

ここでは相撲についてちょっと詳しくなれるまめ知識や、相撲体験についてご案内します!

相撲の歴史 相撲の文化

相撲をよりたのしむために、

まずその奥深い相撲の歴史と文化をみていきましょう!

相撲の起源と確認できるものは、古事記や日本書紀の中にみられます。

しかし、それ以前にも相撲の歴史は、日本各地で、相撲の様子をかたどっている土器や埴輪が出土しています。

相撲は奈良時代から、その年の農作物の収穫を占う祈りの儀式として毎年行われるようになりました。

これが後の宮廷行事となり約300年以上つづきます。

平安時代まで神事として栄えた相撲はその役割を終え衰退せずに、戦国の武士達によって新たな盛り上がりを展開します。

鎌倉時代から戦国時代の武士の時代には、武士の身体能力や`戦闘能力を鍛えるトレーニングの一面が大きくなっていきます。

鎌倉時代、源頼朝は鶴岡八幡宮で相撲と流鏑馬、古式競馬も併催された盛大な上覧試合を開催しました。

また、大の相撲好きとして有名な織田信長は、頻繁に全国から腕に自慢のある者を集め、試合をさせ、優勝者を家臣として召し抱えていました。

このような背景から職業としての力士が登場します。

四股名もこのあたりからつけれるようになりました。

時代が太平の世になっていくにしたがって、武家相撲は衰退してゆき、新たに相撲は庶民の娯楽やスポーツの色合いが強くなっていきます。

庶民から熱狂的な支持と盛り上がりを魅せるこの時代、相撲は歌舞伎とならんで大きな娯楽に成長します。

日本の文化や時代背景に深く深く寄り添い、日本人の生活とともにありつづける相撲。

縄文時代から時代にあわせて色あせる事なく日本人を虜にしてきました。

相撲はまさに日本の国技ですよね。

相撲のルールと基礎知識

• いったいルールはどうなっているの?

• 相撲はたくさん聞き慣れない専門用語がでてくるけど、くわしくしらない。

など、

案外知らない事が多い相撲ですが、ほんの少しの知識でますます相撲をたのしめます。

では観戦するときに困らない相撲の基本を観ていきましょう!

相撲の定められた動作と名称

相撲には伝統にしたがってあらかじめ定められている動作があります。

そしてそれらは特別な名称があります。

まず、⒋55mの土俵の上で、まわしを締めた力士が一対一で勝ち間を競う。

これを、”取組”といいます。

そして、力士が取組をはじめるまでの動作には、細かく取り決めがあります。

まずは、“塵手水(ちりちょうず)”。

これは蹲踞の姿勢で柏手をうったあとに、両手を大きく広げ、拳をかえし、手に何も持っていない事を示します。

その後、”仕切り”をします。

仕切りとは土俵の上で力士同士が視線を合わせたのち、腰を深く落とし土俵にある仕切り線の上に拳をおきます。

これは、制限時間内に何度でも行う事ができます。

それから、戦いをする力士が、お互いの目をみて同時に立ち上がり体をぶつけ合い開戦になります。

これを”立ち合い”といいます。

立ち合いは、ほかの格闘技にはない開始方法で、相撲の持つ独特な緊張感を観客もあじわいますよね。

反則行為はどんなことがあるの?

主な反則行為は

• 手は手のひらしか使っては行けない。

拳や肘はNG。

• 足は払ったり引っ掛けたりするのは可能だが、蹴りはNG。

• 頭突き、目つぶし、のどつぶし、まげを引っ張る。

があります。

これを行司という相撲の神事も司るほかの格闘技で言うところの審判によって判決が下されます。

体重制限について

体格による階級分けがないため、体の小さな力士が大きな力士を投げ飛ばしたりします。

そこも相撲の大きな魅力の一つ。

現在の力士の平均体重は166、2kgだそうです!

勝敗はどうやってつくの?

勝敗のルールは

  1. 一人が土俵から出る。
  2. 一人の足の裏が地面につく。
  3. 反則行為を行った時

というとてもシンプルです。

しかし、“決まり手“という相撲独自の八十二個の決め技があり、どのような技で勝敗が決まるのかもおおきなみどころになってきます。

相撲体験とは、一体どんな事をするの?

神聖な土俵に上がるために、長い月日厳しい訓練に耐え、厳粛な伝統生活様式を守ってきた元力士。

はじめに元力士達から直接相撲の歴史やルールについて教えてもらいます。

海外から来られた外国人のお客様は、その説明に興味津々で、いろいろな質疑応答があります。

元力士の方々から直接お話が伺えるなんて素晴らしいですよね。

そして、元力士が土俵の上で真剣三本勝負をします。

手が届きそうな至近距離で、大きな力士の真剣勝負を観戦することができます。

目の前でぶつかり合う、ちからとちから。

白熱する真剣勝負に手に汗握ります。

この臨場感は大相撲を観戦するのとはまた違った感動が生まれるでしょう。

そのあと、なんとお客様と元力士が実際に相撲をとります!

本当の力士との取組なんて、めったにできることではありませんよね。

実際の力士がどのくらい力強いのか、映像やうわさ話ではだれにもわかりません。

自分の体でおおきな力士にむかっていく緊張感。

力士達と同じように立ち会いをする瞬間の高揚感。

それはなにものにもかえられないでしょう。

力士達と存分に取組したあとは、なんといってもちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋は力士達の特別な料理。

実際に自分が取組をした後、ちゃんこ鍋なんて特別感がありますよね。

相撲体験でのおもてなし

現在も礼儀作法が重視され、力士の生活様式や風貌も江戸の香りを維持し続けています。

それに相撲は格闘技なのですが、元々、相撲は神事として奉納されていたので、その名残をいつの時代も色濃くのこしています。

こういった面から考えてみても、相撲体験は外国人のお客様をおもてなしする際にご用意するのは大変よろこばれます。

そしてなにより相撲体験でのおもてなしは、やはり大変めずらしいですし、なかなかできる体験ではないので、来日されたお客様にとって大きな感動をお届けすることができます。

日本文化、格闘技、お食事、と、丸ごと味わえる相撲体験。

ぜひ、短い時間に日本をたっぷり満喫していただきましょう!

個室でもできる相撲体験

大切なお客様に、個室での相撲体験はいかがでしょう?

個室にするメリットは、完全貸し切りなので力士たちと仲間で思う存分に楽しみ味わえます。

それに元力士の方とより親密になって、いろいろなお話を直接伺う事ができます。

それはそれはディープな体験になることでしょう。

団体でのご参加でしたら、例えばみんなが力士に挑戦する!など、一体感の生まれるイベントを企画する事も可能です。

体験後のちゃんこ鍋でのお食事に関しても特別です。

土俵が見えるレストランでのお食事ができます。

それはまるで稽古部屋でちゃんこ鍋をいただいているかのようです。

海外で、特に欧米諸国では同じ鍋をみんなで囲んで食事をする、という事があまりありません。

なので、一つの鍋をみんなで囲むという体験も日本ならではのお食事会になるのではないでしょうか?

最後はもちろん力士達と一緒に記念撮影。

これ以上ないぐらいの日本の想いで素敵な一枚になるでしょうね。

このように、個室での相撲体験では、お客様により臨場感あるスペシャルなエンターテイメント性の高い体験していただけます。

まとめ

相撲は日本が凝縮されている生きた伝統文化であり武芸です。

江戸の風情をそのまま継承しつづける力士たちの普段の生活や、稽古場など外国人には興味が尽きる事がないでしょう。

どんな人でも外国への滞在は日常からはなれた出来事です。

そこに加えて江戸時代にタイムスリップしたかのような力士達の生活。

そこには演出ではなく、実際に厳しい鍛錬をしてきた元力士達だからこそのリアリティーがあります。

実際身近に感じて体験できるなんて、まるで、ものがたりの中のヒーローに出会うような出来事のプレゼントですよね。

相撲体験は、日本をまるごと味わえる贅沢でゆかいなおもてなしです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。