【ジャポニズムとは?】西洋における影響と日本文化- 重要人物・アーティスト37人とアニメなど現代文化28

Mayumi Folio
Mayumi Folio

19世紀後半から20世紀初頭、西洋のアーティストやデザイナーは日本の美意識や表現方法に刺激されていきました。

 

この現象を“ジャポニズム”と呼ばれるようになります。

 

それは古い慣習を打ち破り、すべてが新時代へと動き出した激動の19世紀フランスで名付けられました。

 

ゴッホ、モネ、ロートレックにドガなど印象派の画家達はもちろん、ルイ ヴィトンのダミエ柄や、ドビュッシーの “海” 、エミール ガレのガラス工芸…

 

この時代、西と東の美の意識は、各ジャンルの天才たちの仕事の中で出会います。

 

そして現代も日本文化から世界各地で巻き起こる日本ブーム。

 

いつの時代もどこかで日本文化にスポットが当たります。

 

ジャポニズムや日本ブームのように、日本文化はいったいどうしてこれほど他国の目に新鮮で鮮やかにうつるのでしょう?

 

今回は、

• 歴史的なジャポニズムの基礎知識

 

• ジャポニズムに大きく関わった人物15選とジャポニズムを代表する17人の巨匠による作品リスト

 

• 現代の海外に置ける日本ブーム

 

• 海外で人気の日本のアニメ漫画リスト25選

 

について、スポットを当てて行きます。

 

ジャポニズムにもっと詳しくなりたい方や現在の海外での日本の人気について知りたい方必見です!

 

目次

ジャポニズムとは?

 

どのようにして、西洋にジャポニズムが広がったのか?

では、ジャポニズムの歴史について、確認して行きましょう。

 

17世紀、ヨーロッパがまだ王政だったころ主にアジアの工芸美術作品を収集していたのは、王族や貴族でした。

 

とくに彼らが競って収集していたのは、陶磁器や漆器類。

 

その主流は中国だったのですが、明朝の滅亡により中国による磁器の輸出が一時的に停止します。

 

そのかわりに、と、古伊万里や漆器など日本製の磁器が輸出されはじめるようになりました。

 

このころから、中国文化とはまた違った日本独自の美意識が人気をよび、すでに日本びいきなるコレクターが現れ始めました。

 

そしてこの時代、日本は徳川幕府の世界に類を見ない鎖国制度。

 

日本を知るためには、オランダ商人など一部の貿易が許されているものが、出島だけの滞在によって得た情報を持ち帰る,という形でした。

 

多くの謎を含んだこの東の果ての国、日本。

 

こうした背景に加え、少しずつ西洋に渡る美しい工芸品によって西洋人にとって謎のヴェールにつつまれた魅惑的な夢の国になっていきます。

 

そんな謎の国、日本はペリー来航によって開国されます。

 

西洋が知りたかった夢の国日本は、開国によって彼らの前に現れました。

 

ようやく現れた日本の姿は、西洋諸国にとって最も文化水準の高い[非西洋]だったといわれています。

 

その上、日本国民はとても礼儀正しく、どん欲に西洋の全てをしりたがる勉強熱心さと好奇心に満ちあふれていました。

 

おまけに独自の発展をしてきた日本製品のクオリティと技術の高さ。

 

そして森羅万象に対するやさしい美意識。

 

そうしたインパクトと同時に19世紀の開国後、西洋へ日本の美術工芸品が大量に輸出されます。

 

よって西洋人の中の日本への熱いまなざしは益々加速して火がついていきました。

 

浮世絵と江戸庶民のリサイクル魂

浮世絵は江戸庶民の大切な娯楽。

 

町民文化に花咲く江戸後期に、今の雑誌や写真のような感覚で人々に愛好されていました。

 

そして当時の日本人は、最後の最後まで大切に紙をつかいます。

 

どんな紙も一度で役目がおわることはなく、必ず何か次の用途につかわれていました。

 

われものである磁器を浮世絵が印刷されていた紙でもくるんで輸出します。

 

現在の私たちが引っ越しの時に新聞紙でくるむような感覚ですよね。

 

こうして浮世絵は自然に西洋にたどりつきます。

 

西洋芸術家がジャポニズムの影響をうけた理由

それまでの西洋絵画の主流は、宗教画、戦争画、肖像画。

 

室内でとにかく写実に表現することをもとめられていました。

 

19世紀のフランスでは、それまでの美意識からひとつ抜き出た表現方法を追い求める画家たちが、日夜新しい表現方法をさがしもとめていました。

 

その荒波のなかパリで生まれた印象派。

 

マネ、モネ、ゴッホにゴーギャン、セザンヌ… と、数えきれない巨匠が誕生します。

 

彼らはきそってジャポニズムを題材にした作品を発表し、また、浮世絵の中から見いだした新しい視線を獲得していきます。

 

自然や生活の中にある美を、新しい方法で印象的に表現してゆくことを目指す作家たちは、どんなにどん欲に表現方法を探していたことでしょう。

 

そんな中、陶器をつつんでいた日本の浮世絵はパリにあらわれます。

 

同時にパリ万博でかなりの枚数の浮世絵が展示されました。

 

斬新な色使い、観たことがない構図。

 

西洋ではありえなかった人物表現。

 

なにもかもが斬新で新鮮だったことでしょう。

 

当時、西洋絵画では輪郭線を使用した表現方法。

 

というのはほとんどありませんでした。

 

背景と人物を線で分ける。

 

という発想はなかったのです。

 

その上浮世絵に使われている斬新な配色は当時の画家達の色への概念を覆します。

 

さらに日本独特な遠近法や画面の構図がありました。

 

一つの視点からのパースペクティブの用いた表現方法が主流である西洋美術。

 

そこには浮世絵に登場する大胆な画面構成の表現方法は当時目から鱗でした。

 

このようにして北斎や歌麿など江戸で人気の絵師たちの表現は、当時のフランスで巻き起こっていた印象派の画家達の心眼を開花させる手伝いをします。

 

抑えておきたいジャポニズムにまつわる人物15人

ここではジャポニズムに深く影響を与えたと言われる人物についてリストでご紹介します。

 

葛飾北斎

江戸中期の浮世絵師。

 

狩野派・土佐派・琳派・洋風画など和漢洋の画法を摂取し、読本挿絵や絵本、さらに風景画に新生面を開いた。

 

「北斎漫画」や「富嶽三十六景」が有名。

 

喜多川歌麿

 

江戸後期の浮世絵師。

 

喜多川派の祖。

 

独自の美人画、特に大首絵を創案、女性の官能的な美を描き出した。

 

狂歌絵本・肉筆画も制作。

 

渓斎 英泉

 

江戸時代後期に活躍した日本の浮世絵師。

 

遊女・芸妓に取材した濃艶・退廃的な美人大首絵を得意とした。

 

ゴッホの『花魁』へのインスピレーションを与える。

 

サミュエル ビング

 

1880~90年代を通じて日本美術をパリへと精力的に紹介した古美術商の第一人者。

 

横浜港を通して日本の古美術を直輸入するルートを確保。

 

当時印象派の作家が多く住んでいたパリのモンマルトルにギャラリーを構え日本の浮世絵や工芸品を展示販売していた。

 

林忠正

明治時代に活躍した日本の美術商。

 

日本人で初めて海外に日本美術を販売した画商。

 

19世紀末のパリに拠点を置き、ジャポニズムに大きく関わった人物の一人。

 

フィリップ・ビュルティ

 

フランスの美術評論家、作家、詩人、イラストレーター、版画家、美術コレクター。

 

印象派の擁護者であった。

 

東洋の美術品のコレクターでもあり、フランスの雑誌に「ジャポニスム」という言葉を始めて用いた。

 

江藤 源次郎

19世紀にアメリカに渡りアメリカ印象派画家達に日本画の技法を教えてジャポニスムを普及した人物。

 

エミール・ガレ 

高島北海と深い交流を持ち、エコール ド ナンシーでアール ヌーヴォー を代表する一人。

 

ナンシー派

昆虫や植物をモチーフにした幻想的な作品が多く、家具やガラス工芸など代表的な作品は今も多くの人に愛されている。

 

高島北海

日本画家。

フランス ナンシー市に渡り、アールヌーヴォーの巨匠エミールガレと深い交流する。

ガレに日本美術を伝えた人物。

 

クロード・ドビュッシー

ジャポニズムを音楽の世界で最初に取り入れたと言われている。

[海][亜麻色の髪の乙女][金色の魚]などは日本美術からインスピレーションを受けて作曲したといわれている。

 

モーリス・ラヴェル

フランスの作曲家。

「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」に影響を受けてピアノ曲『洋上の小舟』を作曲。

他にも日本の絵画から影響を受けたとされる作品に[水の戯れ]がある。

 

ジェームス・マクニール・ホイッスラー

イギリスへの日本美術の伝達の代表者。

19世紀後半の画家、版画家。

おもにロンドンで活動。

印象派の画家たちと同世代であるが、その色調や画面構成などには浮世絵をはじめとする日本美術の影響が濃く観られる。

 

クリストフル Christofle

1830年創業のフランス老舗カラトリーブランド。

1925年のパリ万博ではアールヌーヴォー、アールデコ調のジャポニズムに影響された作品を発表。

当時のデザインは日本の漆工芸品から多く着想を得たと言われている。

 

ヴァン ゴッホ

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。

浮世絵に大きく影響を受けた作家でもあり、自身も弟のテオとともに膨大な浮世絵のコレクションを所有していた。

ジャポニズムの代表作を多く発表している。

 

クロード モネ

印象派の画家。

ジャポニズムを代表する作品、ラ ジャポネーズを発表。

ジヴェルニーの自宅には日本庭園を意識して作られた庭があり、その庭を題材にした作品睡蓮のシリーズは晩年の代表作として今も世界中の人に愛されている。

 

ジャポニズムに代表されるアーティストと特に影響が観られる作品

ジャポニズムの影響をうけた代表的な絵画15選

ゴッホ

1887年 タンギー爺さん

1887年 花魁

 

クロードモネ 

1876年 La Japonaise

 

ピエール・ボナール

1876年 坐る娘と兎

https://www.nmwa.go.jp/jp/collection/1987-0001.html

 

マネ

1868年 エミール・ゾラの肖像

 

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

1892年〜1895年「ムーラン・ルージュのラ・グリュ」

 

メアリー・カサット

1878年 青い肘掛け椅子に座る少女

 

エドガー・ドガ 

1888〜1892年 背中を拭く女

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール

1878年 団扇を持つ少女

 

ジェームズ・マクニール・ホイッスラー

1863年から1865年 バラ色と銀色:陶磁の国の姫君

 

バーサ・ラム

1913年 凧揚げをする日本の子どもたち

1913年 花の咲く桜の下で踊る4人の子供

 

ジャポニズムの影響をうけたクラッシック音楽 7選

 

ジャコモ・プッチーニ 

[蝶々夫人]

 

クロード・ドビュッシー

[海][亜麻色の髪の乙女][金色の魚]

 

ラヴェル

『洋上の小舟』[水の戯れ]

 

ウィリアム・ギルバートとアーサー・サリヴァン 

[オペラ『ミカド』]

 

カミーユ・サン=サーンス

ルイ・ガレが台本を書いたオペラ『黄色い王女』(La Princesse jaune)

 

トゥルニエ

古き日本のパステル画 作品47第2曲 聴く者なき琴うた

 

エリック サティ

ジムノペディ 第1番 (ドビュッシー編曲管弦楽版)

ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)

 

参考外部リンク:ロートレックが浮世絵から受けた影響

 

現代日本文化と日本ブーム

現在も、海外における日本ブームは様々な分野で起こっています。

 

そんな中でも今回は興味深い4つのブームを追ってみていくことにしましょう。

 

ジャパニメーションとコスプレーヤー

Japanとanimationを組み合わせた日本製のアニメーション。

 

ジャパニメーションは1990年代をピークに今現在も世界各地で愛されています。

 

特に、新型コロナウィルスの影響で世界中の人々の巣ごもり生活の中、ネットフリックスの需要が激増しました。

 

その中で、日本のアニメは世界の視聴トップ10に常に入るほどの人気があります。

 

日本のアニメは従来の子供向きのアニメだけではなく、深い物語構成と高いアニメーション技術で独自の発展をしてきました。

 

日本のフェティッシュなキャラクターデザインや深い世界観は、世界中のファンをいつも熱くさせています。

 

そしてアニメ、漫画やゲームファンが、そのキャラクターに扮するコスプレ。

 

自分の大好きなことを、全身で誰もが自由に表現できるコスプレ。

 

カラオケに続き自分の好きなことをとことん表現できるたのしさが国境を越えて広がりました。

 

現在では日本だけではなく、コスプレーヤーの祭典が世界各地で開催されています。

 

インスタグラムなどで人気の高い海外コスプレーヤーのフォロワー数は500万人を超えており、その人気の高さをうかがうことができます。

 

海外で人気の日本の漫画、アニメ作品リスト25選

日本で人気のある作品とほんの少し違った海外で人気の日本のアニメと漫画。

 

現在日本で人気の作品から、新古とわず名高い作品の人気も未だ健在で、世代を超えて愛されています。

 

そんな海外で人気の高い作品を25個ご紹介します。

 

AKIRA 

大友克洋による日本の漫画、およびそれを原作とするアニメ映画、ゲーム。

超能力者を巡る軍や反政府勢力の争い、近未来都市やその崩壊後の世界を描いたSF漫画。

 

孤独のグルメ 

原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。

日本、台湾でテレビドラマ、ウェブドラマとして展開している。

ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴谷口ジロー氏はフランス文化勲章シュヴァリエ受章。

 

攻殻機動隊 士郎正宗

士郎正宗による漫画作品。

ジャンルとしてはSF(パラレルワールド含む)に属する。

ウォシャウスキー兄弟(現・姉妹)が監督したアメリカ映画マトリックスに強い影響を与えたと言われている。

 

小公女セーラー 

「世界名作劇場(ハウス世界名作劇場)」でアニメ放送されていた。

原作はフランシス・ホジソン・バーネット(バーネット夫人)の児童文学『小公女』(A Little Princess)。

今でもさまざまな国で再放送で親しまれ世代を超えて人気が高い作品。

 

すべてのスタジオジブリ作品 

日本のアニメ制作会社。

長編アニメーション映画の制作を主力事業としている。

代表作はとなりのトトロ、天空の城ラピュタ、魔女の宅急便、もののけ姫、千と千尋の物語、ナウシカ、崖の上のポニョなどすべての作品が海外でも大人気。

 

ドラゴンボール 

鳥山明の作品。

世界中に散らばった七つの球をすべて集めると、どんな願いも一つだけ叶えられるという秘宝・ドラゴンボールと、主人公・孫悟空を中心に展開する「冒険」「夢」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画。

 

ワンピース 

尾田栄一郎の漫画作品。

ミックスメディア化で展開されている。

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。

 

NARUTO 

岸本斉史による日本の漫画作品。

またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。

忍同士が超常的な能力「忍術」「体術」「幻術」「仙術」を駆使して派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。

 

ポケットモンスター 

株式会社ポケモン と任天堂より発売されているゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とする日本のテレビアニメ。

 

妖怪ウォッチ 

レベルファイブより発売されているゲームソフト『妖怪ウォッチ』シリーズを原作とする日本のテレビアニメ。

 

新世紀エヴァンゲリオン

作GAINAX→庵野秀明『新世紀エヴァンゲリオン』は、GAINAX制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。

 

君の名は

新海誠が監督・脚本を務めた2016年の日本のアニメーション映画。

 

美少女戦士セーラームーン

『美少女戦士セーラームーン』は、武内直子による日本の漫画および、それを原作としたメディアミックス作品。

講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で1992年2月号から1997年3月号まで連載

 

ベルセルク

三浦建太郎による日本の漫画作品。

白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて、月イチ連載(第4金曜日)されていた。

 

進撃の巨人

諫山創による日本の漫画作品。

およびそれを原作とした小説(ライトノベル)、アニメ、ゲーム、映画のメディアミックス作品

 

ドラえもん

藤子・F・不二雄による日本の児童向けSF漫画。

1969年から小学館の雑誌で連載された。

アニメは現在も世界中で人気がある。

 

ちびまる子ちゃん

さくらももこによる日本の漫画作品。

1970年代の静岡県清水市で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画である。

海外では特に香港、台湾、韓国で人気が高い。

 

鬼滅の刃

吾峠呼世晴による日本の漫画作品。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。

日本の大正時代を舞台に、主人公の少年が鬼と化した妹を人間に戻すために鬼たちと戦う姿を描く。

 

呪術開戦

芥見下々による日本の漫画。

『週刊少年ジャンプ』にて2018年14号から連載中。

人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。

 

あずまんが大王

あずまきよひこによる日本の4コマ漫画、およびそれを原作としたアニメ作品とある高等学校を舞台にした学園物コメディ。

キャラクターの多くは女子高生。

海外で人気が高い。

 

チーズスイートホーム

こなみかなたによる日本の漫画、またこれを原作としたテレビアニメ。

子猫のチーと山田家の日常をほのぼのとしタッチで描く。

海外、特にフランスで高い人気がある。

 

約束のネバーランド

白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画。

テレビアニメ化・小説化・映画化などのメディアミックスが行われている。

孤児院で育てられた子ども達が過酷な運命に抗っていく物語である。

『ジャンプ』では珍しい少女主人公によるダーク・ファンタジー、サスペンス作品

 

ゲゲゲの鬼太郎

水木しげるの日本の漫画作品、および、それを原作とした一連の作品群の総称。

妖怪のイメージを世間に浸透させた水木の代表作であり、「妖怪漫画」を一つのジャンルとして確立させた作品。

 

名探偵コナン

1994年刊行開始の青山剛昌原作による日本の推理漫画作品であり、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称。

 

僕のヒーローアカデミア

堀越耕平による日本の漫画作品。

「“無個性”」だった主人公が最高のヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画作品

 

(参照 Wikipedia)

 

その他、海外で影響ある現代日本文化

こんまりメソッド 

家にあふれる手放すことのできないものたちを、ときめくかときめかないか、で判断して片付けることで、新しい自分も見えてくる、こんまりメソッドのおかたづけ術。

 

近藤麻理恵さんは[Time]誌で世界で最も影響力がある100人にも選ばれました。

 

NETFLIXで[KONMARI 人生がときめく片付けの魔法]が配信され、“Kondo”は、片付けるという意味でも使われるほどアメリカでは大反響をよんでいます。

 

彼女の断捨離や整頓術を超えた、[物]への寄り添い方は、日本のつくも神 の存在を感じる日本人の精神性を感じますよね。

 

関連過去記事

今、世界に影響を与える日本文化 ジャパニーズ・スタイルとは?

 

新しい日本食ブーム。お弁当にマクロビオティック

ユネスコの無形文化財にしていされた日本の和食。

 

和食ブームはいつの時代も世界中でブームを呼び起こしています。

 

最近ではコロナ渦の影響もあり、レストランで食事をすることが制限されているヨーロッパ諸国で人気なのが日本のお弁当。

 

これまでサンドイッチか前日の夕飯の残りをタッパーにつめて持っていくのが主流だった国で、栄養バランスのととのったさめても美味しいお弁当が大変人気を呼んでいます。

 

また、日本発祥である、マクロビオティックは海外で根強い人気。

 

マクロビオティックとは従来の食養に、桜沢如一による陰陽論を交えた食事法です。

 

一物全体。

 

玄米、全龍を主食に豆類、野菜、海藻類、塩を組み合わせた食事をとることにより、体の中の陰陽バランスをととのえるといわれています。

 

今また健康意識の高いアメリカのセレブ層をはじめ、ヨーロッパ諸国でも支持する人が多いとのこと。

 

お寿司やラーメンなどレストランで味わえる、従来の人気の和食はもちろん今も人気があります。

 

しかし、最近は特にお弁当やマクロビオティックなど健康や生活に根付いた和食にフォーカスが当たっています。

 

こちらはより詳しい参考記事になります。

海外からも注目を浴びる日本の食文化の特徴と英語例文

【日本食文化の特徴】外国人に人気のある和食体験15選と会食時に使える13の英文

 

日本製品 日本のプロダクトデザイン 

日本には古来より、陶磁器や漆木工品、染織物、金工など日本全土それぞれの場所で伝承されている工芸があります。

 

伝統工芸の素晴らしさに加え、そこからシンプルで機能的で日常的に、と、デザイナーと職人で日々開発されている日本の様々な日本製品。

 

何か特別な物ではなく、ありふれた日常にとけ込む,機能的で美しいものたち。

 

物の美しさを日本人独自の感性と完成度でしあげていく日本製品は、世界に誇る現代日本文化の一つではないでしょうか?

 

生活の中にある普遍的な物達へ、どこの国にもまねできない美しさと機能美が随所にちりばめられています。

 

ブームとして一過性にもりあがりをみせるわけではないのですが、常に日本製品が特別な物として海外で受け入れられている様子を現在もみることができます。

 

まとめ

歴史の荒波の中、奇跡的なタイミングで西洋に渡り広まった日本の美意識。

 

ジャポニズム。

 

いつの時代も日本の中では当たり前なこと、普遍的で日常的なことが海外に渡った瞬間その中にある意味や価値を見いだされて大反響を巻き起こしていきます。

 

日本人の中にある、日常を楽しく暮らす術や、丁寧に暮らす知恵、相手や物事を敬い大切に接する気持ち。

 

私たちにとっては何気ない普段の意識から生まれる日本の文化。

 

そんないつの時代も私たちが普段たいせつにしたいことが、

 

どこにあってもどこからみても輝いているのではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。