世界のバレンタインのイベントを比較 使える英語メッセージ例

 

Mayumi Folio
Mayumi Folio

2月14日はバレンタインデー。

 

バレンタインデーには世界中いろいろな国で、それぞれ風習がある国際的なイベントです。

 

でもそもそもバレンタインデーとはどんな日で、

 

海外のバレンタインデーは一体どんな風習があるのでしょう?

 

外国人の大切な人にバレンタインの贈り物をしたいけれど、

 

海外ではバレンタインデーには何を贈っているの?

 

何をどんなメッセージを書けばいいのかな?

 

など、国際的なイベントであるだけに、海外のバレンタインデー事情が気になります。

 

今回は、バレンタインデーの起源と詳しくしりたい世界各国のバレンタイン事情。

 

そして、外国の大切な人へ贈りたいバレンタインデーに使える英文メッセージ例文をお届けします。

 

 

バレンタインデーとは?

バレンタインの起源

三世紀ローマ帝国時代、戦士たちの指揮が下がるということで、兵士の結婚が禁止されました。

 

しかし、この法令に反対をしたバレンタイン司祭はこっそりとたくさんの兵士たちの結婚を行いました。

 

このことが皇帝の逆鱗に触れバレンタイン司祭は西暦270年2月14日に処刑されてしまいます。

 

死後、バレンタイン司祭は聖人となり、愛の守護神、聖バレンタインとして信仰されるようになります。

 

偶然にも、バレンタイン司祭の殉教の日とローマ帝国時代にあった家族と結婚の女神ユノのお祭り「ルペルカーリア祭」が同じ2月14日でした。

 

風紀を乱すルペルカーリア祭は西暦5世紀、ローマ教皇によって廃止され、その代わりに愛する人のための祝日、聖バレンタインを敬うバレンタインデーとしました。

 

参考サイト National Geographic

 

日本と海外のバレンタインの違い

日本のバレンタインは、女性が男性にチョコレートと愛の告白を送る日として定着しています。

 

しかし最近では友チョコなど同性の親しい友人にチョコレートを贈る習慣も一般的になってきましたが、メインはやはり女性のイベント。

 

しかし海外では、男性から女性へ愛の告白や感謝の気持ちを表現する日。

 

そしてほとんどの国では、日本のバレンタインのように義理チョコや友チョコといった恋人以外の人への感謝の気持ちを表す日ではありません。

 

もし日本にいて、職場にいる外国人の方や友人にも日本的に義理チョコを配るのは問題にはならないとおもいます。

 

しかし海外でうっかり日本の習慣的に、義理チョコや友チョコを職場や学校で渡してしまうことは大きな誤解が生じてしまうので避けた方がいいかもしれません。

 

反対に、夫婦やカップルの間ではとても重要で、どのくらい相手のことを愛しているのかを言葉にしたり、プレゼントを贈って相手に伝えます。

 

海外のバレンタイン事情

では、世界のバレンタインデーはどんな風習があるのでしょう?

 

今回は、韓国、中国、インド、サウジアラビア、アメリカ、フランス、イギリス、フィンランド、イタリアのバレンタイン事情をお届けします。

 

韓国

お隣、韓国は日本の影響を受けて女性からチョコレート共に男性へプレゼントを送る日になっています。

 

しかし韓国では、毎月14日が恋人たちの記念日!

• 1月は恋人に手帖を贈るダイアリーデー

 

• 2月はバレンタインデー

 

• 3月は日本が起源のホワイトデー

 

• 4月は恋人がいないひとたちのブラックデー

 

• 5月はバラの花を贈るローズデー

 

• 6月はキスをする日のキスデー

 

• 7月はペアアクセサリーを贈るシルバーデー

 

• 8月は恋人と森林浴に行くグリーンデー

 

• 9月は音楽のあるイベントで友人に恋人を紹介するミュージック&フォトデー

 

• 10月はワインを恋人と飲むレッドデー

 

• 11月はオレンジジュースをのみながら映画をみるムービーデー

 

• 12月はハグをして恋人にお金をつかうハグ&マネーデー

 

韓国ドラマによくあるロマンチックな展開は案外リアリティがあるそうです。

 

忘たりおろそかにすると喧嘩の原因にもなるので、最近では記念日を教えてくれるアプリが人気です。

 

App Store NAVER :

 

中国のバレンタイン

中国では2月14日と旧暦の7月7日に恋人の日があります。

 

どちらも恋人同士のイベントで、男性が女性にプレゼントを贈りデートをして、愛の告白をする日。

 

日本のような義理チョコや職場のお世話になっている方へプレゼントをすることは絶対にありません。

 

カップル限定の日だそうです。

 

恋人たちの日なので、すでに結婚をしているカップルには関係ないイベントとなっています。

 

人気のある贈り物は赤いバラ、チョコレート、アクセサリーや化粧品。

 

そして最近の流行は電子マネー、お金だそうです!

 

「我愛你(あなたを愛しています)」を表す数字520元(約9500円)を、中国の電子マネー「支付宝(Alipay)」や「微信銭包(WeChat wallet)」を使って贈ります。

 

バレンタインのデートも男性がロマンチックな演出を用意することがもとめられ、日本のクリスマスイブのデートのように男性は恋人をエスコートします。

 

さらに中国では7月7日の七夕の日がバレンタインデーのように恋人同士の日として伝統的にあります。

 

どちらの恋人の日が重要なのかというと、女性にとってはどちらも重要な日!になので、男性はおろそかにはできません。

 

そして、最近は韓国の毎月14日の恋人記念日の影響があり、若い世代の間ではSNSなどに自分たちの記念日をあげる人も増えてきているのだとか。

 

記念日が多いのは楽しい反面、男性の方はいろいろ大変になりますね。

 

インドのバレンタイン

インドはヒンドゥー教が80%以上の国民が信仰し、カースト制度ものこっているので、自由恋愛や恋愛結婚が一般的ではありません。

 

しかし、近年、カースト制度の高階層の若者の間でバレンタインをお祝いするカップルが増えてきているそうです。

 

最近増えてきている高級デパートやショッピングモールでは、この時期男性から女性へプレゼントをするためににぎわいます。

 

インド人は普段からロマンチックな歌や詩を恋人に贈るのが一般的。

 

バレンタインも素敵な言葉をえらんだカードや詩、あるいは自作の曲とと赤いバラの花。

 

そして、お菓子やぬいぐるみにアクセアリーとともに贈られます。

 

そして、バレンタインは一日ではなく、一週間の準備期間があるので、バレンタインウイークとして定着しています。

• 2月7日はRose Day バラの日

 

• 2月8日は Propose Day 告白の日

 

• 2月9日 はChocolate Day チョコレートの日

 

• 2月10日 はTeddy Day テディベアの日

 

• 2月11日 はPromise Day 約束の日

 

• 2月12日 はKiss Day キスの日

 

• 2月13日 はHub Day ハグの日

 

しかし宗教上のちがいから、西洋文化にたいして反対する国民もおおく、バレンタインデーの付近には宗教団体や一部の人々がアンチバレンタインとしてデモや襲撃をおこない、とても危険になります。

 

といっても、インドにも伝統的な行事としてパートナーを思いやる日は伝統的にあり、そちらの方が一般的です。

インドにはKarva Chauthカルワチョークという夫婦の日があります。

 

夫のために妻が断食をして愛情や絆を確かめ合います。

 

夫婦にとってとても重要な祭日で、一日かけて夫や婚約者の健康と長寿を祈ります。

 

バレンタインではなくこの日に恋人同士で断食をする若者たちもいて、インドではバレンタインデーよりずっと大切な日として過ごされています。

 

参考サイト:

 

サウジアラビアのバレンタイン

イスラム教圏であるサウジアラビアでは、2020年にバレンタインデーの解禁権限がありました。

 

サウジアラビアではイスラムの教えに反するとして、厳しい他文化導入が規制されています。

 

しかし、勧善懲悪委員会(宗教警察)の元メッカ支部長が2018年バレンタインデーはイスラムの教えに反しない,と宣言。

 

これをきっかけにサウジの人々の間にもバレンタインデーは広まって行きます。

 

一昔前までは、バレンタインデーを行うと死刑になる、とまでいわれていたサウジアラビアも開放政策は進みお祝いすることができるようになりました。

 

日本と同じような女性から男性へといったバレンタインデーの感覚ではなく、男性が女性へプレゼントなどをします。

参考サイト;

サウジの人々のバレンタインデー熱はコロナでも抑えることができない

サウジ:バレンタイン・デーの「解禁」

サウジもバレンタイン???!!!!

 

アメリカのバレンタインデー

アメリカのバレンタインデーは、男性から女性へ日頃の感謝と愛の気持ちを伝える日として定着しています。

 

チョコレート、バラの花にプレゼントやレストランディナーやロマンチックなデートなど男性が女性をエスコートします。

 

カードもかなり重要で、プレゼントだけではなんだか寂しい感じがするそうです。

 

そして近年、2月13日にGalentine’s Dayギャレンタインデーが生まれました。

 

Gal (女の子)+Valentine’s Day、それがGalentine’s Dayギャレンタインデー。

 

2009年から7年つづいた人気ドラマ、“Parks and Recreation”の中で行われたのがきっかけ。

ドラマの中では恋人や夫と離れ、バレンタインデーの前日は女友達だけで朝ご飯ワッフルを食べる会をたのしんでいる。

 

という設定です。

 

ここから火がつき、2月13日はアメリカでは女の子だけの、言わば女子会をする日として盛り上がりを見せています。

 

ドラマの中のようにアメリカ人女性の間で2月13日は、女友達と朝ご飯、昼食、ディナー、お家パーティー、スパやエステに行く、などギャレンタインの過ごし方はそれぞれ。

 

現在では、ルールも風習もなく、性別も問わずとにかく親しい友達と友愛を確かめる日となっています。

 

関連参考過去記事:

大切な方へ 海外におけるクリスマスカードの重要性と英語例文

大切な方へ 海外におけるクリスマスカードの重要性と英語例文

 

フランスのバレンタインデー

フランスもバレンタインデーはカップルの日。

 

愛の告白をする日、というよりは恋人や夫婦の日として定着しています。

 

男性から女性にだけ何か贈り物をする、というわけでもなく週末旅行やレストランディナー、お互いに小さなプレゼントを交換するカップルも多く見られます。

 

しかし、何かとへりくつの多い国民性なので、「相手を愛する気持ちは毎日!バレンタインは商戦の陰謀だ!ナンセンスだ!」という人もいます。

 

ですが、そうはいっても愛の国の人々。

 

恋人の日というからにはイベントをしたい!という人も多く、なんだかんだといいながらも、バレンタイデーは花束を抱える男性やカップルの姿を多く見ます。

 

フランスではチョコレートは誰にでも喜んでもらえるであろう無難な手みやげやプレゼントの定番なので、バレンタインだからチョコレート!という感覚はありません。

 

でもチョコレートはみんなが大好き。

 

なのでもちろんバレンタインにも贈られます。

 

バレンタインデーが平日なら、夕方仕事帰りの男性は帰りに花屋によって赤いバラやアレンジメントされたかわいい花束を抱え、ケーキやチョコレート、美味しいワインを抱えて家路に急ぎます。

 

この日はうんと若い男の子から老紳士まで、年齢を全く問わずいそいそと花屋に並ぶ姿は風物詩になっています。

 

男性から選ばれるプレゼントの定番は、香水や化粧品、下着なども人気でこの時期になるとバレンタインギフトセットなどが店頭を賑わせます。

 

フランスではステイホームの前から、バレンタインデーは男性が腕を振るい自宅で美味しいワインとコース料理の夕食をつくる、というプレゼントも人気です。

 

イギリスのバレンタインデー

チョコレートをバレンタインに贈る。

 

という発祥の地であるイギリスのバレンタインは、特別な盛り上がりをみせます。

 

イギリスのバレンタインデーの歴史は1000年以上あり、宗教文化と伝統ある大切な行事です。

 

バレンタインの日では町中赤やピンクのハートにあふれ、レストランはカップル専用の予約席などとにかくバレンタインムード一色になります。

 

イギリスでは、赤いバラやチョコレートを男性から女性へと贈りますが、バレンタインデーで大切なのはやはりグリーティングカード。

 

このバレンタインカードはイギリス独自の習慣があり、現在までつづいています。

 

カップル同士は、Happy Valentine’s Dayといったようなシンプルな文面と日頃の感謝や愛の気持ちを添えてかかれます。

 

しかし、愛の告白としてのカードには、差出人の名前はなく、“Be my Valentine!私のバレンタイン(特別な人)になって!”とかかれたカードが送られます。

 

贈られた人は、あの人が送ってくれたのかな?と、そわそわして送られた方が送り主を捜します。

 

見事カップル成立もありますが、まちがえた!なんてことも…。

 

反対に、まちがいからカップルが成立することもあるそうなので、学校や職場では日本より緊張感のあるバレンタインデーではないでしょうか?

 

フィンランドのバレンタイン

フィンランドでは2月14日、バレンタインデーは、「ウスタヴァンパイヴァ(Ystavanpaiva)」と呼ばれ、直訳すると「友だちの日」と呼ばれています。

 

恋人と過ごす日というより、友達と過ごす日として定着しており、通り過ぎる人々はハッピーバレンタイン!と言葉を交わす心が和む日でもあります。

 

お互いの友情に感謝をする日で、ちょっとしたプレゼントを贈り合ったり、気持ちをカードにして贈り合います。

 

そしてフィンランドでは赤いバラの花ではなく、この日はチューリップを大切な友達にプレゼントします。

 

この時期には色とりどりのチューリップが街中にあふれかえり、春の訪れを感じる日でもあります。

 

イタリアのバレンタイン

バレンタイン発祥の地であるイタリアでは一体どんなバレンタインデーなのでしょう?

 

イタリアでももちろん男性から女性への愛のプレゼントは必須。

 

赤いバラの花+何か。

 

という形で、アクセサリーやセクシーな下着、化粧品などが人気です。

 

チョコレートももちろんプレゼントされますが、チョコレートだけがギフトではかなりひんしゅくを買うそうです。

 

そしてバレンタインデーには恋人とドレスアップしてちょっと高級なレストランでディナーデーをするカップルが多いそうです。

 

その中でも最近人気なのは、おしゃれな和食レストラン。

 

おいしいお寿司が人気でバレンタインの当日の予約はかなり前からしておかないといけないそうです。

 

一輪の赤いバラの花をもちカップルが町にあふれ変え煎ります。

 

そして翌日2月15日はシングルの人のための日。

 

恋人が14日できなかった人たちが集まってみんなで次の出会いのためのパーティーを開くそうです。

 

案外このパーティーで新しい出会いがあったりするので、更に楽しい一日として定着しています。

 

イタリアでも人気の和食についてのおすすめの過去記事です;

 

海外からも注目を浴びる日本の食文化の特徴と英語例文

 

寿司エンターテイメントとパーティーinフランス

 

【英語例文あり】外国人が懐石料理を楽しむための基礎知識

 

プレゼントに添えてみたい英語バレンタインメッセージ

出会った日から毎日私を笑わせていつも微笑ませてくれてありがとう。

• Thank you for making me laugh and smile every single day since the day we met.

 

日本のバレンタインデーは、女の子がチョコレートを渡して愛の告白をする日です。ということで、私から日本式に「愛してる」を伝えてみます!

• Valentine’s Day in Japan is a day for girls to give chocolates and confess their love. So I’ll tell you I love you the Japanese way!

 

心の奥底にあるのは、私たちは親友だということだよ。それが好き。あなたを愛しています。

• Deep down inside, we’re best friends. I love that. I love you.

 

どんな距離も私たちの絆を弱めることはできないし、どんなことでも私たちの心から思い出を消すことはできない。

いつでも私たちの心はお互いに結びついているよ。ハッピーバレンタインデー! 愛しています。

• No distance can weaken our bond. And nothing can erase our memories from our minds. Our hearts will always be tied together with each other. Happy Valentine’s day! I love you.

 

なかなか会えないけど、それでもいつも愛しています。早く会いたいよ。ハッピー バレンタインデー

• I can’t see you very often, but I still love you always. I can’t wait to see you. Happy Valentine’s Day!

 

マスクを外したあなたの笑顔をいつでも見られる人になりたい。私の特別な人になってください。愛しています。

• I always want to see your smile when you take off your mask. Please be my special person. I love you.

 

雨の日も、晴れの日も、いつもあなたのそばにいます。最愛の人にハッピーバレンタインデー

• I will always be here for you, whether it’s a rainy or sunny days. Happy Valentine’s Day to the love of my life!

 

あなたの愛は、私をもっと健康に、もっと新鮮な毎日にしてくれる、私にとって最高の薬です。私の大好きな人、ハッピー バレンタインデーを!

• Your love is the best medicine for me, which can make me healthier and fresh every day. Wish you a Happy Valentine’s Day my love.

 

バレンタインデーは毎年、私がどれだけあなたを大切に思っているか、あなたに思い出してもらう日です。

そして毎回、前回よりももっと特別な日にしようと思っています。今年もハッピーバレンタインデー!

• Every year Valentine’s Day is a day for me to remind you how much I care about you. And each time, I try to make the day even more special than the last. Happy Valentine’s Day this year again!

 

私のバレンタイン(特別な人)になってくれる?

• Be my Valentine?

 

まとめ

世界を見渡してみても、その国独自の習慣があるバレンタインデー。

 

世界中に様々な宗教的なイベントがある中で、これほど自然に文化を超えて広まって行った日があるのでしょうか?

 

特別な人を思う気持ちは世界共通だということですよね。

 

大切な人に喜んでもらいたい,という気持ちの表現をする日。

 

そんな暖かい日が国境を越えてつながっていくのは国や文化に関係ない人間の心の優しさをみることができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。