【外国人にうける!】日本文化パフォーマンスによる接待術4選

モテナス代表
モテナス代表

VIPの外国人のお客様にいままでとは違ったおもてなしがしたい。

より日本文化を楽しんでいただくためにどんなパフォーマンスがあるのだろう

普通のパフォーマンスは経験していて飽きられてしまいそう。

そういったお悩みはいたるところで聞こえてきます。

特にVIPの外国人のお客様ともなると、何度も訪日経験があるため、ありきたりなパフォーマンスは飽きられてしまっていることもあります。

そんなお悩みをお持ちの方へ、今回は日本舞踊経験者の私がおすすめのパフォーマンスを4つ紹介します。

定番なものから少し変わったものまでを紹介します。

おもてなしにお悩みの方は10分程度で読めますのでぜひご一読をしてみてくださいね。

そもそも日本文化とは(島国でガラパゴス的に発展してきた文化)

日本文化とは中国や朝鮮半島などの文化の影響を受けながらも独自に進化してきました。

ヨーロッパの国々と違って、完全に独立した島国であり、鎖国で一部の国としかやりとりをしなかったためでしょう。

それが功を奏して、日本の美しくて、艶やかで、独特な世界観の文化が生まれてきました。

また現代にいたるまで代々と芸事を受け継いで守ってきた世襲制度もあります。

昔からある文化の根底を崩さずに、新しい要素を加えつつ現代に伝えています。

今回は数ある日本文化パフォーマンスの中から、えりすぐりの4つを紹介しますね。

日本文化をパフォーマンスとして楽しみたい 接待にも使えるおすすめ4選

芸者遊び

まず一つ目に芸者遊びがあげられます。

芸者遊びと一口にいってもさまざまな、遊び方、パフォーマンスがあります。

芸者が、歌や舞踊を披露することもありますし、披露だけでなくお客様も一緒になって踊りをレクチャーしたりと一体感を楽しむことができます。

また、彼女らは接客のレベルの高いプロであることもおすすめポイントの一つです。

英語やそのほかの言語を身に着けている芸者さんも数多く存在するのでまさにうってつけでしょう。

さらには最近では海外式のマナーも身に着けており、まさにおもてなしのエキスパートです。

また「ゲイシャ」といえば「ブシ」「ニンジャ」などに並んで日本で有名な伝統芸能の一つです。

知名度が高く、あこがれを持っている人も多い芸者あそびはとてもおすすめです。

あまりに有名すぎて普通すぎるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それは半分正解で半分不正解です。

なぜなら彼女らの芸は無数にあり、楽しませ方や遊びの内容はお客様に合わせて変えることができます。

ですので何度も芸者遊びをしても飽きることはなく、毎回違った遊び方ができるのです。

また上下関係を重んじる日本ならではの最上級のおもてなしで、VIPのお客様も満足していただけます。

日本舞踊

次に紹介するのは日本舞踊です。

こちらもかなりおすすめです。

芸者さんと同じくこちらも世襲制度で代々受け継がれてきた伝統芸能になります。

ただ独自の進化や、新しい文化を取り入れていった流派も存在しまさに文化のガラパゴスといえるでしょう。

日本舞踊のおすすめポイントはずばり「ダンス」という分かりやすさと、優雅さにあるでしょう。

「ダンス」というのはどこの国でもたいてい昔からある文化です。

音に合わせて体を動かすのは、もはや遺伝子に組み込まれているといっても過言ではないでしょう。

また小道具も刀や、花、さらに扇までさまざまなものを使用します。

どれも鮮やかで派手なものが多く存在していて、道具を見るだけで感動をすることも多いです。

鮮やかさは外国人のお客様の目から見ても間違いなく楽しんでいただけるポイントです。

日本舞踊の海外との違いは、芸術としての考え方です。

海外はどちらかというと皆で一緒に踊ることが元になっているケースが多いです。

しかし日本舞踊は、一人が主役となり芸術として周りの人々に見せることが元になっています。

日本の文化を味わううえで、芸者や歌舞伎の元になっている日本舞踊のパフォーマンスは外せないでしょう。

忍や侍の演舞

忍者や侍もやはり外せませんね。

日本文化といえば「サムライ」「ニンジャ」でしょう。

海外にも「ニンジャドウジョー」なるものがあるくらい知名度、人気は高いです。

ただし本物の日本文化と外国人の方がイメージするものとはかけ離れてしまっています。

ぜひこの機会に本物の日本文化の侍や忍者を味わっていただきましょう。

一般受けはするかもしれないけどVIP相手にはチープに感じてしまうのではないか

やはり忍者は子供だましになってしまうのでは?

とお考えの人もいると思います。

それは、今までのイメージする忍者、侍のパフォーマンスが本物ではないからです。

侍や忍者のパフォーマンスをする場合に大切なのは本物であることです。

雰囲気や言葉、演出の全てが本物でなければいけません。

遊園地のヒーローショーのような子供だましになってしまいがっかりされる外国人も少なくないようです。

日本ではまだ大人も楽しめるような侍、忍者パフォーマンスが多くはないのが現状です。

書道パフォーマンス

書道パフォーマンスとは、音楽や太鼓の音色が響く中で書道家たちが大きな筆を動かして、ひとつの作品を完成させるパフォーマンスです。

これは昔から受け継がれてきた日本文化というわけではありません。

最近になってできた新しい文化です。

自由な現代だからこそできるパフォーマンスと言えるでしょう。

最近では外国人に漢字の人気が高くとてもかっこいい文字であると認識されています。

タトゥーなどで漢字の入れる人も少なくありません。

漢字人気の高さや自由で新しい日本文化というポイントでおすすめします。

曲は最近のものを使うこともありますが墨や筆は昔から日本にあるものです。

そのようなものを組み合わせて一つの作品を作り上げる姿はなんとも言えない感動を生み出します。

墨の匂いや太鼓の音色や振動を五感で感じてもらうのはなかなかないおもてなしになると思います。

また音楽に関してはVIPのお客様が好きな曲、思い出の曲なんかを使うことで特別な体験になります。

まとめ

数多くある日本文化。

独特で優雅でかっこいい日本文化をより楽しんでいただくにはどんなものがあるのか。

今回は4つほどパフォーマンスを紹介しました。

外国人のVIPに喜んでいただくことを最優先に考えて、心より楽しんでいただけるパフォーマンス。

大切なのは臨機応変に対応できるパフォーマンスであることです。

お客様の心からの笑顔は、おもてなしをしたいという強い気持ちから生まれてきます。

ぜひ今回紹介したパフォーマンスを参考にしてみてくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。