富裕層・VIP向け接待・パーティー企画 | 日本らしい特別なイベント・プログラム事例

Mayumi Folio
Mayumi Folio

日本を訪れる外国人のお客様に「せっかくだから日本らしい体験がしたい」と言われて、困ったことはありませんか?

 

日本らしいものはいっぱいあるけど、どれが喜んでもらえるかもわからなくて途方に暮れることもあると思います。

 

具体的に計画を立てようにも、どのような内容にするかだけでなく、場所は?時間は?どうやって?…と考えることは次々出てきますよね。

 

今回は、

 

• そもそも日本らしい企画ってなに?

 

• 具体的にどんなことを企画すればいいのか全く解らない…。

 

• 外国人VIPやVVIPへのイベント企画は難しそうなので何か参考にしたい。

 

など

 

考えただけでウンザリしそうなあなたに、外国人向けのイベントの事例をわかりやすく紹介します。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

日本らしいイベントの企画運営とは

「企画」と「運営」

「そもそも、外国人のためのイベントって、どのような手順で行えばいいの?」

 

実は、そこがわからずに、頭を抱えている担当者も実は案外多くいらっしゃるようです。

 

基本的に、イベントは、対象が誰であろうと手順は同じで、たとえそれが外国人VIPやVVIPでも同じになります。

 

イベントを企画するためにまずは、

 

• 「誰に対して」

 

• 「何を」

 

• 「なぜ」行うのかという目的

 

• 「どのように」したら喜んでもらえるか?

 

という方法を考えていきましょう。

 

これがイベントの【企画】です。

 

企画が決まったら、目的や方法を実現するために、具体的にうごいていくのが【運営】にあたります。

 

運営には、

 

• どんな内容にするのか?

 

• 細かい日程や日時を決める。

 

• 会場や人員、機材などの手配。

 

といったように、具体的なイベントの運営について動きます。

 

そして、他の企業イベントと同じく、外国人VIP やVVIPへの対応に特化した会社へイベント企画を外注するという方法もあります。

 

外国人VIPやVVIPといった特殊なターゲットへ向けたイベント企画は何かと解決しなければならない問題がでてきます。

 

ましてや重要な人物であればあるほど、失礼のない対応や予定変更への迅速対応など、より満足いただけるような企画と運営が必須になります。

 

そんなとき、外国人VIPやVVIPへのイベント企画に特化した専門性の高い企業への外注はより企業様とお客様をつなげる架け橋となります。

 

そして具体的な機材や日本文化に特化した人材、人員確保、VIPも満足できるような特別な会場への手配などの手間の負担を軽減し、送迎や専門性の高い通訳の手配などさまざまなサポート面で心強くなります。

 

しかし、一方的な企画を提供する外注会社では、実際におもてなしをする企業様の持ち味、そして相手のなお客様へのきめ細かな企画ができなません。

 

外注でイベントを企画するのでしたら、綿密な事前打ち合わせやコミュニケーションの充実な対応ができ、かつ経験が豊富な会社と一緒に外国人へ向けたイベントの企画を進めて行くことをおすすめします。

 

「日本らしい」って何だろう?

外国人へ向けたイベントということで、やはり大切にしたい和の魅力。

 

訪日した外国人に向けたイベントでは、ぜひ日本ならではの体験をしてほしいですよね。

 

しかし、ひとつだけ注意しなければならないことがあります。

 

それは、日本人の感じる日本らしさを基準にしないこと。

 

ひと言に「日本らしい」といっても、イメージするものは人それぞれです。

 

日本らしさを着物で感じる人や、料理で感じる人、最近ではアニメで日本を感じる人もいます。

 

それぞれの人がそれぞれの日本のイメージを抱き、日本を訪れたのなら日本を体験したい。

 

と考えています。

 

その気持ちに寄り添ったおもてなしイベントを企画して行きましょう。

 

しかしそれは、外国人受けすればいい、というだけではなく、日本の本質を必ず感じていただくことが大切になります。

 

本質のある本物をつかって、外国人が抱く日本をより具現化する。

 

そうすることによって、異文化で言葉も違う外国人の方も本心から楽しんでいただけるようなイベントが企画できるのです。

 

どんなときもきっかけは必要です。

 

何となく日本風な物に惹かれる、日本って極東アジアの国で中国の一部なのかな?といったような認識の方にでも楽しんでいただく。

 

そんな入り口の方にも、[ああ、日本って美しいな、素敵だな。]と再確認していただき、[もっとたのしみたい!こんな雰囲気が大好きだ!もっと知りたい!]といったような好奇心を刺激する。

 

そんな企画が理想的です。

 

まずは、もてなすゲストに響く「日本らしさ」を意識してくださいね。

 

おすすめ関連記事:

【超富裕層インバウンド】おもてなしのポイントとVIPのタイプ別イベント事例17選

【侍とは?】外国人のサムライへのイメージと武士道が人気の理由 武士道体験等19のこと

 

「写真」はしつこいくらいに残す

とにかく、どんなイベントをするときも、写真撮影の時間はとるようにしてください。

 

外国人は、もともと写真が好きな人も多く、風景も人もよく撮影します。

 

特に、歌舞伎や忍者、着物など日本的な格好をした人と一緒に撮ったり、和室や日本庭園などを背景に撮ったりすると、大変喜んでもらえます。

 

自分のスマートフォンでの写真ではご自分が被写体になることはないので、必ずお客様を撮影してさしあげてください。

 

案外自分から自分をとってほしいということに慣れていない方もいます。

 

最初はお恥ずかしそうでも、なれてくれば笑顔になってたのしんでくださいます。

 

後日お相手の方に一緒に過ごした時間がとても楽しかったことを添えて写真を送るという楽しみもできますし、記憶を共有できる喜びがあります。

 

また、体験をプランにいれた場合は、個人の撮影時間以外に、体験している最中の写真を多く残してプレゼントするのもいいですね。

 

夢中になっているその姿に母国に帰られた後も、楽しかった時間をまた味わうことができます。

 

プロのカメラマンを用意しての撮影もいいですし、気軽なスナップショットにもたのしさがあります。

 

写真は、帰国してからも思い出したり、話題にしてもらえたり、とにかく良いこと尽くめです。

 

これまでの企画・運営とプログラム事例

モテナス日本ではご依頼者様と綿密にこれまで様々なイベントを企画運営してきました。

 

外国人のお客様へどんなイベント企画がいいのか、具体的にイメージがつかめるようにここでは実際のプログラムをご紹介いたします!

 

ガラパーティーの企画・運営

最近、日本でもよく耳にするようになったのがガラパーティー。

 

Galaとは、イタリア語で「特別な催し」や「祭典」を意味し、企業や団体の特別で豪華なパーティーをガラパーティーと呼ぶこともあります。

 

なかには、盛大なパーティーを行い、その収益金を寄付する「チャリティガラパーティー」というのも増えています。

 

欧米ではすでに多く行われているので、もしかするとゲストの方が馴染みあるイベントかもしれませんね。

 

なのでより失礼や不備のないような企画が重要になってきます。

 

そして、日本でのガラパーティーの企画には日本文化でのイベント企画がおすすめになります。

 

欧米のスタイルのパーティーなので状況にあわせた和をブレンドすることも大切です。

 

もちろん美味しい料理とお酒は揃えたうえで、特別感のある空間を演出し、華やかで贅沢な時間を過ごしてもらいましょう。

 

参考例:

 

【ゲスト】 海外の一流企業のインセンティブ旅行

 

【目的】  豪華で盛り上がる日本流ガラパーティー

 

【時間】  約3時間

 

【プログラム】

 

16:00 乾杯

 

16:10 和楽器による演奏(三味線や琴、曲は伝統音楽に限らなくても)

 

17:40 記念撮影(演奏者と一緒に、楽器に触れさせてもらってetc…)

 

18:00 歌舞伎・忍者パフォーマンス(コラボレーションするとレア感あり)

 

18:30 記念撮影(歌舞伎役者・忍者と、簡単な着付けでetc…)

 

19:00 お見送り 

 

解説:夕方からの開催のガラパーティーに和のイベントで盛り上がるよう、和楽器による演奏を用意いたしました。

 

三味線に琴など伝統的な和楽器をつかったライブ演奏です。

 

三味線の音色は独特で,力強くリズムカルな響きがありパワーがあります。

 

その力で会場を盛り上げ、琴の音色で日本の雅さを更に引き立たせます。

 

そして、和楽器の音色を十二分に堪能していただいた後、実際に和楽器に触れていただいたり、奏者の方と歓談する時間を設けました。

 

和楽器を持つゲストの方や奏者の方との記念撮影で、和楽器への興味がみなさま最高潮に引き上げられて行きました。

 

そのあと、歌舞伎と忍者によるパフォーマンスがはじまります。

 

本物の歌舞伎役者の伝統を重んじる歌舞伎ならではの立ち振る舞いに、忍者の末裔によるアクロバティックな演出は他では見ることができない贅沢なパフォーマンス。

 

ガラパーティーならではの華やかさと特別感にふさわしい演出でございました。

 

皆様大興奮なさって、食い入るようにごらんになられておりました。

 

舞台のあとは、実際に歌舞伎や忍者の衣装を身に着けていただいたり、演者との対話時間を設け、もちろん記念撮影をしていただきました。

 

皆様大満足のご様子でございました。

 

あっという間に時は過ぎ、お見送りの時間になりましたが皆様名残惜しそうで、興奮に満ちたお顔でした。

 

おすすめ関連記事:ガラパーティとは? 日本で開くためには? 疑問、ドレスコードや企画アイデア、振舞いを徹底解説!

 

VVIPお客様への企画・運営

VIPや富裕層となると、時間や場所が制限されることが多いです。

 

その場合は、完全個室や場所を貸し切るなどをして、プライベート空間をつくることが大切です。

 

そんな方々のために、お泊りのホテルなど指定の場所で体験ができるサービス・プランを用意することもできます。

 

ゲストの好みを徹底的にリサーチしたうえで、さらに興味がありそうな企画をひとつ付け加えると、喜ばれることでしょう。

 

参考例:

 

【ゲスト】 日本のグルメが大好きなVVIP

 

【目的】  ランチタイムに美味しいものを味わいながら茶道体験

 

【時間】  約2時間

 

【プログラム】

 

11:30 個室にて日本料理(料理に合わせた日本酒ソムリエによる日本酒の提案)

 

12:30 茶道見学(休憩しながら、美しい季節の和菓子と抹茶をいただく)

 

13:20 記念撮影(窯の前にて、飲んでいる姿、和服の先生と一緒にetc…)

 

13:30 お見送り

 

日本のグルメを思う存分楽しみたい!とお考えのVVIPのお客様への企画でございます。

 

このお方はVVIPということもあり、日頃から美食で美酒がお好きな方とうかがっておりましたので、日本酒ソムリエによる日本酒のコーディネイトをさせていただきました。

 

随をこらしたの懐石料理を存分に楽しんでいただくために,日本酒をマリアージュさせることでより日本の味覚を満喫していただくことが目的。

 

日本の旬の食材の魅力を存分に楽しんでいただき、ソムリエとも日本酒についての歓談でより日本酒への興味が深まったとよろこんでいただきました。

 

お食事の後、リラックスしていただきながら、茶道を見学していただきます。

 

茶道の作法や道具に大変興味をしめしていただき、日本の四季を美しい和菓子で表現した茶菓子とお抹茶を楽しんでいただきました。

 

茶室でお点前をいただいているお姿や、和装の茶人と一緒に記念撮影。

 

美しい日本庭園が望める個室でのイベントでしたのでVVIPというお立場からも一時自由になり、緩やかな時間をたのしんでいただきました。

 

女性ゲストのための企画・運営

女性が中心の企業では、アクロバティックで派手なアクションではなく、日本女性の習い事としても人気のあるものを中心に構成するのもオススメです。

 

特に、フラワーアレンジメントやガーデニングを趣味にしている人にとっては、日本特有の美意識が反映される華道に人気がありよろこんでいただけます。

 

また、着物は街中の観光でも着ることができますが、道着のようなシンプルな袴はなかなか着る機会がなく、なおかつ独特のかっこよさがあるので、案外喜ばれるんですよ。

 

食事が無くても、日本の美学にどっぷり浸かることができるプランです。

 

参考例:

 

【ゲスト】 女性が多い企業の研修旅行

 

【目的】  楽しく、美しく、日本を楽しむ

 

【時間】  約2.5時間

 

【プログラム】

 

13:00 華道体験(説明・簡単な作品作り)

 

13:50 記念撮影(作品と一緒にetc…)

 

14:00 着付け体験(あえて着物ではなく袴を)

 

14:30 書道体験(好きな日本語・自分の名前を漢字で書いてみる)

 

15:10 記念撮影(袴姿で作品と一緒にetc…)

 

15:30 お見送り

 

解説:女性の方がほとんどという今回のご依頼では、女性の方にぜひ楽しんでいただきたい日本文化体験を中心にご用意させていただきました。

 

まず、華道体験として華道とはなにか?を師範から伺い実際に日本の植物をつかって作品を活けていただきました。

 

華道体験の良さはやはり生花をつかうこと。

 

香りや手触り、そして日本の花ばさみは特別で、海外のものとは形が違います。

 

そんなところからも日本文化を実際にあじわうことができるのです。

 

活けていただいた後は、作品と先生と記念撮影。

 

みなさまはじめてなのに大変素敵に活けてくださいました。

 

その後は着付け体験をご用意いたしました。

 

今回は着物ではなくなかなか着ることができない日本の袴を着ていただきました。

 

みなさま、袴に興味津々で女性でも動きやすい服装が日本に伝統的に合ったということに大変感動していらっしゃいました。

 

そして書道体験をしていただきます。

 

書道は外国人から大変人気のある日本文化の一つです。

 

今回も初めて墨と硯を使いご自分で墨をすっていただくところからはじめ、毛筆で書く日本語や自分の名前に皆様集中して、そしてリラックスしながら自分の時間を楽しんでいらっしゃいました。

 

出来上がりをみんなで披露して美しい袴姿で記念撮影。

 

みなさま本当に笑顔がとても素敵でございました。

 

おすすめの関連記事:書道で日本文化体験!外国人に人気の漢字パフォーマンスは?

 

日本の四季と日本らしいイベント

来日時期で体験できる日本の年中行事イベント

日本には四季折々の年中行事があり、日本らしさをとことん味わうことができるイベントがあります。

 

そんな日本の年中行事イベントに合わせて、訪日外国人のお客様により日本らしさを味わっていただくこともおもてなしのアイデアの一つ。

 

こちらでは季節別に日本らしいイベントでVIP VVIPの外国人のお客様のおもてなしアイデアをご紹介します。

 

おすすめ関連記事:外国人に紹介したい日本の伝統年中行事 英語例文あり

 

春 お花見×茶道体験、 そして能、歌舞伎体験

春と言えばお花見。

 

日本の桜の季節にぜひ日本に訪れてみたいと考える外国人は多くいらっしゃいます。

 

お花見の季節にあなたの大切なお客様が来日されるのでしたら、ぜひ企画の中にお花見をいれてみてください。

 

お花見を全面的に押し出した日本らしいイベントで、お客様の満足度をさらに充実させましょう!

 

お花見の季節は一年のうちにわずか10日ほど。

 

この期間の来日予定でしたら、最高のお花見スポットに美味しい懐石風のお弁当を用意しておでかけしてみましょう。

 

この時期のお花見は桜の花にかぎったことではありません。

 

桜、藤、菜の花、つつじ、と続いて、初夏までにあやめ、あじさいが楽しめます。

 

お花見と相性のいい日本のイベントといえば、お茶会。

 

桜の美しい日本庭園をのぞむ茶道のお茶会は、外国人が抱く日本のイメージを具現化するようなものです。

 

プライベート空間でのお花見になるので、VIPやVVIPのお客様にも大変おすすめになります。

 

また、夜桜と能や歌舞伎の舞台はいかがでしょう?

 

かがり火で照らされる夜桜と能や歌舞伎の舞台。

 

その幻想的な風景は一度目にすれば一生涯わすれることができない場面となります。

 

おすすめ関連記事:【花見の歴史と日本文化】外国人も大好きな桜と人気スポット 英語例文

 

夏 日本の夏まつりと日本文化体験 

日本の夏の行事といえば、夏祭りですよね。

 

日本各地でさまざまに行われる日本の夏祭り。

 

ぜひ味わってほしい日本のイベントです。

 

この伝統的な夏祭りもこの時期に訪れる外国人が感動する日本の風景。

 

祇園祭や隅田川花火大会など、日本国内でも伝統的で大規模なお祭りには海外からも注目があつまります。

 

特別に観覧できる場所や素晴らしい眺めを一望できるホテルやレストランもございますので、事前に抑えておけばVIPやVVIPのお客様にもゆっくりと味わっていただけます。

 

また、花火大会は川沿いも多いので屋形船などから楽しむのも風情があっていいですよね。

 

見方をかえてヘリコプターで上空を遊覧するというのもVIPやVVIPのお客様にふさわしい楽しみ方です。

 

もちろんこの時におすすめしたいのは、着物体験ではないでしょうか?

 

暑い日のお祭りとなるのでゆかたが主流になりますが、ゆかたを着ての夏祭りは日本人としてもココロオドル時間になりますよね。

 

お座敷や屋形船などからお祭りの夜を楽しんでいただくときには、ぜひ、芸者体験をご用意しましょう!

 

特別な夜がさらに盛り上がりますし,日本でしか味わうことができない時間がおとどけできます。

 

秋 紅葉 秋の実りと懐石料理 秋酒 ひやおろし

秋の日本は過ごしやすい気候と美しい紅葉がみものです。

 

日本のもえるような紅葉は他の国ではなかなかみることができないため、日本らしい風景の写真には桜か色づいた紅葉が選ばれることが多いです。

 

そして、やはり秋のお楽しみは収穫祭。

 

秋の実りに感謝するこの季節、日本では独自の美味しい味覚がたのしめます。

 

この時期におすすめなのは、やはり懐石料理体験。

 

秋にしか手に入らない日本の幸を存分にたのしんでいただきましょう。

 

そして、秋の日本酒 [ひやおろし]。

 

冬に仕込んだ日本酒は夏を超え、秋になると丁度飲み頃になります。

 

そして秋になると様々な蔵元から [秋酒]あるいは[ひやおろし]という名前のお酒は発売されます。

 

これは、秋頃、出荷する時、2度目の火入れをせずそのままの[冷や]

 

でおろす日本酒のことをさします。

 

時間をおくことで熟成され、新酒に比べると角のとれたまるみのある味わいになっています。

 

お月見も美しい秋。

 

ぜひおいしいお酒とお食事で日本の食の秋を満喫していただきたい物ですよね。

 

冬 温泉旅行 餅つき体験 相撲体験

冬の日本では、冬にしか味わえない深さがあります。

 

寒さの中、温かい温泉にはいるのはまた格段に日本を味わえるのでこの時期の温泉旅館の旅は一段と味わい深いのではないでしょうか?

 

また、冬は日本の伝統行事のメインでもあるお正月があります。

 

お正月には様々なお正月イベントがあり、滞在中国全体で日本文化を盛り上げています。

 

この時期に外国人の方が来日されているのであれば、お正月ならではの日本文化体験がおすすめです。

 

お正月らしい餅つき体験はいかがでしょう?

 

リズムカルなかけ声は、ガラパーティーなどのお祝いの席にもふさわしいですし、伝統的な餅つきのスタイルは日本独自のエキゾチックさで外国人の興味があつまります。

 

現在、海外で餅の人気は急上昇、しかし、出来合いの大福などがメインなので、やはり本物の出来立てのお餅をあじわいたい!と考える外国人も多くいらっしゃいます。

 

そして冬場のにぴったりな日本文化体験として、相撲体験はいかがでしょう?

 

本物の元力士と交流しながら迫力ある試合を見た後に、本格的なちゃんこ鍋をいただきます。

 

冬の日本料理の代表である鍋料理を相撲部屋で元力士が作る本当のちゃんこ鍋。

 

これは贅沢な体験ですよね。

 

このように、日本の四季にあるイベントにあわせた日本文化体験はより深く日本をたのしんでいただけるのです。

 

おすすめ関連記事:大人気 相撲体験! 外国人へ説明の仕方とおもてなし接待

 

まとめ

イベントの企画・運営で大切なのは、どういった要望をもつお客様なのかを徹底的にリサーチすること。

 

予算や人員も重要ですが、限られた条件の中でも組み合わせ次第で、心から日本を感じられる楽しいイベントは作れます。

 

「日本らしさ」に気を取られ過ぎずに、まずはゲストが何を求めているかを重点におくこと。

 

そこに日本的な要素を加えていくと、最後には、他にはないオリジナルな「日本らしいイベント」が出来ていますよ。

 

ぜひたくさん写真を撮って、思い出に残るものにしてくださいね。

 

モテナス日本では、日本の伝統芸能・伝統文化・武道のイベントだけではなく、それらをミックスしたものを提供しております。

 

参考動画:https://youtu.be/b3LHaQxh1wk

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。